映像マイウェイ12,000キロの根源を見て考えさせられた

腐れ縁で結びついているとしか言いようのない邦人(オダギリジョー)と韓国第三者(チャン・ドンゴン)の両人。
日本の制覇下にあった朝鮮に転勤してきた邦人引き取り手の小児と、その家の配下の小児です。両人は基本かけっこの良き競合として無邪気に振舞っていたのだが、ある事件をきっかけに邦人少年は朝鮮第三者を憎むようになる。
レジェンドに終わった都内五輪の選手選定のためにソウルで行われたマラソンフェスティバルに両人は参加。じつはチャン・ドンゴンが物だったのが、不明朗があったという言いがかりを垂らしられて失格。オダギリが優勝始めるということに切歯扼腕を有する朝鮮第三者が暴動を起こした間違いで、日本の兵士としてノモンハンの戦地にやられて仕舞う。
そこに上官として現れたのがオダギリ。
両人を盛り込む多くの国内兵がソ連の捕虜となりシベリアへ。今度はロシアの兵隊としてドイツ軍と戦い、ますます最後はドイツ兵となってノルマンディープランに出場、という嘘のような拡大になっていくのであるが(副題の12,000隔たりというのはそのプラン。
こういう写真は幻想であるが似たような経験をした兵士が正にいたらしい)さまざまなケースを越える間にこういう両人が憎み合いながらも離れられないつながりになっていくところがメリットか。
何回か出る戦闘ときのすさまじさはかなりのものであるが、それよりも何よりも、邦人が韓国人からどのように見られていたかというのがすばらしく聞き取れる製造になっている。無論邦人という人種が悪いのではなく、試合状態にあった人間の醜さや愚かしさが出ている要因ですが、それでもあれだけ邦人が憎々しげに表現されていると、不安に想う邦人も多くいるだろうと余計な気掛かりをしてしまう。邦人憎し、という写真でないことは明々白々で、戦下では朝鮮第三者もロシヤ第三者もドイツ第三者もそれぞれに愚かであるということはきちんと描かれておる。
オダギリジョーもチャン・ドンゴンも何となくの力演。ふと出る夫人中国人狙撃兵信者・ビンビンごひいきのリー・ビンビンではない)もキレイ。マイナチュレ 口コミ