映画「バベル」を見た

アメリカンのアベックがモロッコ旅立ち中に、銭湯に銃弾が打ち込まれ家内にあたって仕舞う。夫は必死になって医院を求めてモロッコのちっちゃな村で奮闘。銃を撃ったのは村の兄妹の弟のユーザー。その銃はある邦人が現地の教本に貰いものした品だった。その邦人のマンションのお子さんは聾唖やつ。家内は少し前に自死しているらしい。そのお子さんが銃の事で聞き込みに来たデカにスピリットを(いや、体だけか)向けて行く。そして最初のアメリカンアベックのマンションのハウスキーパーが、彼氏の旅立ち中にメキシコに住むお子さんの婚礼に出かけて出向く。彼氏の子供たちも一緒に甥の車に乗って出かけて赴き、その帰り路に遭遇する事象。と、一つの銃に携わる三つの国の三つのお話を交互に見せて出向くわけだが、どのエピソードもディスコミュニケーション、ということをモチーフにやるわけだ。もちろん題名でそのことは暗示(じゃ薄いな、きちんと)されているけれど。そこら辺がふと吐出しすぎ。エピソードとしてはメキシコエディションが特別楽しく、菊池厳然人の全国エディションが特別駄目か。イニャリトープロデューサーは前作の『21g』のほうが良し。バストアップ サプリ 人気