パパの一人暮らしの超特急調理

独り暮しで普段自炊しているというと、とても料理上手で料理好き、努力していると思われがちですが、意外とそうでもないです。
私は普段、15取り分以内を目標にほとんど20取り分くらいで3~4皿の夕食を作ります。炒めアイテム、蒸し物、茹でアイテム、買ってまるっきり(漬物、天ぷらの惣菜など)を盛り付けるだけで豪華なように呼べる夕食が出来上がります。
買い出しの時に、マンションのコンロの有難み、鍋の有難み、電子大小などを考慮してマルチタスクやれる料理の成分を購入します。出来上がっていてただただ皿に並べるだけの副食や漬物、サラダなども重要です。
後は、帰宅してアッという間にコンロを点けてお湯を沸かしたり、フライパンを暖め始めます。ブロッコリーなどはビニールに入れて大小でチンするだけで蒸しあがります。麺を茹でながら、フライパンの火力を最高にして肉を炒めれば、早速一通りの料理が出来上がります。
自ら召し上がるだけなので、外見も凝った味付けも必要ないからこそできます。値段も有利だし、外食と違って好きなものを好きなだけ食べられるのも魅力です。
何だか、同時進行で短時間で完成させるのが、苦痛に感じずに普段自炊を続けられるコツです。女性用育毛剤