都会銀行が農業へ参加

三井住友銀行が農業へ参入すると発表しました。
7月に秋田県の農業組織や秋田銀行、NEC世間といった新組織を開業して、アメリカのやり方を始める心構えです。
もう、2018年度以降は他県に広げるとのことです。
農業の大規準化は日本の農業が生き残って出向く上ではポイントです。
そこにへそくりや報せを持つ都市銀行が参加するのよいことではないかと思います。
ほかにもイオン世間も農業コントロールに参加してあり、これからも大会社による加入が増えれば、日本の食不足も解消されるのではないでしょうか。
個人で銘柄を作ってうまいこと始める農家もいますが、はっきり大半はお婆さんが昔ながらの農業を営んでいるのです。
後任がいないなどという面倒も解消されますし、農業勤め人も蔓延るのではないかと思います。
個人経営のような丁寧な生成が大レベルになるとできるのかという心配もありますが、大規準化作るしか薄いのが今の日本の状態なのでしょう。
まさしく資産をもらって農業ができるのであれば、自分もしばし若ければ働いてみたいですね。酵素ダイエット ランキング